余命三年時事日記を占ってみた

これから日本はどうなるんだろう、

とても不安です。

今年は有事があるのか、日本も内乱になったりするのか。

それで占ってみたんです。

もちろん、ど素人のわたしの占いですから、当たらないとは思いますが。

でてきたカードはこれ

 

 

 

 

fjfut76yyi6

 

 

 

 

ひいた瞬間、怖くなりました。

うわって・・・

阿修羅は戦いと破壊の神です。

何のために戦うのか。

守らなければならないものがあるから、戦います。

そして破壊されても、また一から作り直していくという意味もあります。

やはりそうか。

 

 

 

ちょっと余命さんについても占ってみようと思います。

 

余命ブログ、余命プロジェクトチームについて

 

こちらでした。

cgfte65yur

 

龍王

龍族の長、龍王はやはり戦いの神でもあります。

勝負に勝つ圧倒的な力を持っています。

これはいいですね。

勝ち目がでています。

事業の拡大も意味しますので、本も売れ、やることなすことがとんとん拍子にうまくいくことを指します。

マイナス部分では、独りよがりになりやすい、わがままがでるなどがありますが、そこは余命爺様の人徳で抑えて行かれることでしょう。

 

また何か月かすると、状況も変わりますので、この二つのお題は定期的にやりたいと思います。

 

 


One Reply to “余命三年時事日記を占ってみた”

  1. おかか様、やはり余命ブログは龍王ですか。大和心さんが日本は龍体であると書いていましたが、中国と南北朝鮮は寝ていた龍王を無理やり起こしてしまったのですね。この特亜3国はこれから龍王の怒りに震えて、おちおち眠る間も無いでしょう。龍王の吐く火炎で地獄の底で無限に焼かれる事でしょうね。

コメントを残す