車内に響いた柏手の音

年末旅行記

 

2016年の年末に身延山や日本平方面に行ってきました。

そのときに起きた不思議な現象について、どなたかなんなのかわかる方がいましたら、教えていただきたいのです。

 

いきなり柏手の音が

富士山に感動!

久能山東照宮奥の院を参拝してきました。

そして日本平の景色を堪能した帰りの車中のことです。

いきなり大きな「パン!」という柏手の音がしました。

それもわたしの目の前です。

わたしは助手席に座っていましたが、車中にいた全員が、わたしがいきなり柏手を打ったと思ったそうです。

しかしそのときわしは半分眠くて、手もだらんとしていましたので、柏手なんて打てるわけがないんです。

これはなに?

外の音じゃない、車の中でしたんです。

こえーーー

なんなんでしょうか。

こんな経験ありますか?

wikiより

ラップ現象
ラップ現象(ラップげんしょう)とは、誰も関与しないまま、「誰もいない部屋や、何も存在しない(ように見える)空間からある種の音が発生し、鳴り響く」とされる現象で、超常現象、心霊現象といわれるものの一つである。本来の超常現象的あるいは心霊現象的なラップ音以外にも、原因不明の音声が鳴る現象を、広義でこう呼ぶ場合もある。

音自体は、指を鳴らすような音、関節を鳴らす音、棒切れを折るような音、ドアをノックする音、足音、木造家屋がきしむ音など、人によって表現も異なるが、各ケースによっても異なる。

主に「死者の霊魂によって引き起こされるもの」であると、心霊現象研究家や、霊能者などの大部分は解釈している。

音が発生すると同時に、ある種の振動などが伴う事もあることなどから、ポルターガイスト現象の一つとして扱う研究者もいる。

だが、ラップ現象とポルターガイスト現象は別個の心霊現象として扱う研究者もいる。

また、音だけの現象のため、常に偽装説が唱えられる。

(親や親類の霊などが)「お別れを言う場合にも、ラップ現象が起きることもあるんですよ」と説明されることもある[1]。

 

やっぱり心霊現象だよね。

読者様からのコメント。

たっまに投稿いたします

私は興亜観音に向かう坂の途中で何回か読経の合唱が聞こえたことが在りました。

 

 

興亜観音は熱海ですね。

何かお知らせ的ななにかでしょうか。

読経はわたしも深夜に聞いたことがあります。

それも窓のすぐ外で、とても小さな声で。

誰かいたのかもしれませんが、そんなはずはありません。

もちろん怖くて確認もしていませんが。

カーテンを開ける勇気はありませんでした。

だって何もいないのはわかりきっていましたからね。

 


1 Comment

  1. たっまに投稿いたします

    2017年4月19日 at 23:35

    私は興亜観音に向かう坂の途中で何回か読経の合唱が聞こえたことが在りました。

コメントを残す