分杭峠体験記

 

分杭峠にいってきた

 

前々から恐ろしく気になっていた分杭峠ですが、お盆休みを利用してついに行ってきました。

まず分杭峠ってどこにあるのか、ですね。

ここです。駒ヶ根のほう。でも伊那市らしい。

そして中央構造線上に位置しています。

 

不思議なことに中央構造線の上には名だたる神社が鎮座しています。

神社がつくられたときには、中央構造線など知る由もないのに。

 

ゼロ磁場

分杭峠はゼロ磁場と言われ、磁石は狂ってしまうということで有名ですね。

結構不思議な体験をする人がいる反面、何も感じなかったという口コミも多いです。

思い切り自分のことを棚に上げて言わせていただきますと、
電波系の人が多く行くんだし、体験談についてはやはり半信半疑な感じはぬぐえません。
はい、完全におまいうですが。
それと同時に何かはあるんだろう、どれほどのものなのか、どんなところなのかという期待感もあり、楽しみにしていました。

 

分杭峠へ向かう

前日中央アルプスでトレッキングをしてきていましたので、少し疲れはありましたが、薄曇りの天候の中出発しました。

バス会社が出してる案内図

http://www.travice.jp/bungui/illustmap.pdf

粟沢駐車場というところからバスで行くのです。

何もないところなので飲み物は持参したほうがいいです。

山道をぐるぐると登り、到着。

 

気持ちのいい場所

この分杭峠には「気場」と「水場」という二カ所のスポットがあります。

まずわたしは気場に向かいました。

ここへ行くにはトレッキングシューズ推奨。

木のベンチが並んでいて、みんなそこに腰かけてじっとしています。

こんな景色をずっと眺めながら。

ここに座るとすぐにリラックスした状態に入りました。

催眠状態?のような感じというのかな。

普通はなかなかすぐにはそうなりにくいですが、ここはすぐでしたね。

そしてしばらくすると半分覚醒、半分寝ているみたいな状態になっていました。

瞑想している状態と同じだと思います。

家で瞑想しようとしても難しいですよね。

いろいろと音が聞こえてきたり。

ここはそういうモードに入りやすい場所という気がします。

普段マインドトークをやめられないんですが、ここは無の状態を作り出してくれる場所ですね。

頭の中でいつもお話をしていて、常に何か考えているんです。

何かに執着しているときは余計にその傾向が強くなります。

ぼーっとして何も考えていないという人がよくいますが、羨ましいです。

何かが常に頭の中にはいってきていて、騒がしく、目まぐるしく動いています。

いろんな情報を取り入れる癖がついちゃっているんですね。

でもこの時はそこから解放されて、無を体験することができました。

後ろにいる人が呼吸法をしていた音が聞こえていたのを覚えています。

そして40分くらいしたところで目覚めてきてもういいかなと思い、今度は水場に行きました。

水場はわりと楽で平坦な道のりでした。

ここが水場です。

ここはみんなうろうろしていて、話したりしている様子でした。

わんちゃんを連れてきている人もいて、お水を飲ませていましたね。

そしてしばらくしてからまたバスに乗って帰りました。

バスの中では少し疲れたのか5分くらい熟睡しました。

この時は分杭峠はまあ、気持ちのいい場所、瞑想状態に入りやすい所という感想でした。

その日はなぜか眠くて眠くて、帰ってからも爆睡してしまいました。

わたしが物凄い変化に気が付くのは、翌々日になります。

それと写真を整理したときです。

そして分杭峠に持って行った天然石のブレスレットの変化が。

いったい何が起こったのか、詳しくは次の稿にいたします。

 

まだまだ続く・・・

 

 


4 Replies to “分杭峠体験記”

  1. 豆腐おかか様

    ご無沙汰しております。情報セキュリティヲタのハゲおやじ
    でございます。その節はいろいろお世話になりました。

    実は私、30代の頃は人生に悩み今で言うスピリチュアル
    (当時は精神世界とかニューエイジなんて呼んでいましたが)
    にどっぷりハマっておりました。毎日瞑想をやっておりました。

    気功の師匠に就いて気功をかじっていたのもこの頃です。(笑)
    法輪功の勉強会にも行ったことがあります。

    最近は真言密教に興味が少しあり、時々自宅で真言(マントラ)を
    唱えております、大日如来様の手印を結びながら。(苦笑)

    またちょくちょく訪問させて頂きます。

    1. ハゲおやじさん、お久しぶりです。
      わたしもやっていました、気功と太極拳。
      次稿はもうちょっとお待ちください。

  2. 豆腐おかかさん、とりあえずお元気そうで安心しました(^∇^)

    瞑想(無)の状態になるのは大変ですよね。
    私は毎朝夕にお仏壇にご挨拶をしているのですが、
    挨拶どころか妄想が頭の中を渦巻いてしまい、
    何ともならないことが多くて困ることしばしば・・・(^^;

    ああ・・・修行が足りん・・・(>_<)

    恥ずかしながら分杭峠の名は初めて知りました。
    続きが楽しみです。

    1. ずらぁさん、お久しぶりです。
      無の状態を作り出すのは至難の業ですね。
      日常生活ではむずかしいかもしれません。

コメントを残す