ユニバーサルスタジオ

大阪USJで

わたしは修学旅行以外で大阪には一度しかいったことがありません。

その大阪旅行での出来事です。

USJに友達とでかけました。

とても楽しく、素晴らしい旅でしたが、帰りがけに「事件」が・・

おみやげを買い、空港までのバスのりばまで歩いている途中で、とても気分が悪くなってしまったのです。

どんどん体温が下がって、手が冷たくなっていくのがわかりました。

そのうちしびれてきました。

体も思うように動かなくて、歩くのがやっとの状態です。

バスになんとかのって、そのまま倒れこむようなかんじでした。

疲労からくる過喚起の症状かなと思い、呼吸を整えていましたが、どんどん具合が悪くなり、そして手先からとても冷たくなっていくのです。

私は冷え性ではなく、手がいつも暖かいほうですので、
こんなに冷たくなったことはないのです。

とにかく初めての症状でした。

一時間後空港に着き、診療してもらいました。

こんなに体が冷たいのに、熱は36.9度ありました。

血圧も異常なし。酸素量も正常。

お医者さんは、「どこも異常がみあたりませんが、どうして手が
こんなに冷たいんだろう・・」

と首をかしげていました。

手の冷たさが尋常ではなくて、ほんとに氷の様というか、
全く血がかよってないみたいなんです。

でも感覚はしっかりあるのです。

過喚起でもない貧血でもない、日射病でもない、検査しても正常なんです。

それで飛行機の時間まで横になって様子を見ることになりました。
ベッドで横になっていると友達が、

「霊に憑かれちゃってるよ。これ見て」

といって、さきほどバスのなかでぐったりしている私を、携帯のカメラで撮影したものを見せました。

うわーって感じでした。

同じアングルで何枚か写してあるのですが、そのうちの一枚に顔が写っていました。

ぐったりしている私の頭の上に二人の人間の顔がはっきりと写っています。

友は私に悪い霊が憑依したのを察知して、すぐに携帯のカメラで撮影したのだそうです。

それでまるで死人のように手が冷たくなってきたのか・・。

検査してもなんともないのに、具合が悪い不可解な症状でしたので、もしかしてとはおもいましたが・・

もちろん其の後とっていただいて、助かったのですが・・

疲れてふらふら歩いていたところに、ふわーっと憑かれちゃったみたいです。

そして来年また大阪にいきたいんですよね。

今度の見どころはハリーポッターですね。

また大阪のあまーいお好み焼きもまた食べたいな。

 


コメントを残す