桜田門外の変

◆TBSが何回も再放送し続ける理由

  桜田門外の変という大沢たかお主演の映画があります。 この映画を、TBS-BSが何回も再放送しています。 異常な回数ですよ。

2014/12/02
2015/02/07
2015/12/08
2016/03/08

そう、先月も放送していました。 とてもお気に入りのようですが、この映画を見ますとその理由がよくわかります。 反日勢力の輩は、安倍首相を平成の井伊直弼と呼んでいるのです。

TBSはこの映画を利用して、政治的なメッセージをおくっているのではないでしょうか。

◆桜田門でテロリストの襲撃は起きた

 

わたしが桜田門外の変を知ったのは、筒井康隆の万延元年のラグビーという小説です。

この題名はおそらく、大江健三郎という、ど左翼きちがいじじいが書いた「万延元年のフットボール」のパロディであると思います。

井伊大老の首をラグビーボールに例えたお話しでした。

歴史の授業で習ったのかもしれませんが、あまり記憶になかったですね。

そして詳しいことは、この映画を見て初めて知りました、(恥)。

桜田門というのは、ご存知のように江戸城にある桜田門のことです。

当時の地図でいうと、

atdgd54t67

井伊直弼の上屋敷をでて、松平安藝守の屋敷を通り、松平市正の屋敷前が現場です。

ここで登城する井伊大老の行列を、18名の浪士が襲います。

井伊家の行列は50人の家来を連れていましたが、刀に袋をかぶせてあり、抜くのが遅れたそうです。

そして井伊直弼の首をとったのは、水戸藩関係者の中にただ一人、薩摩藩を脱藩した有村治左衛門でした。

 

現在はどうなっているのか。桜田門の前、松平市正屋敷は警視庁ですね。

井伊直弼の屋敷は憲政記念館と公園になっているようです。

a25er453

拡大すると、皇居、靖国神社、国会議事堂と朝鮮総連ビルも表示されます。

ahdte5475ut

日本のど真ん中、日本の中枢が集まる場所、こんなところに、テロ国家北朝鮮の拠点があること自体危険です。

 

◆桜田門外の変を利用する反日の罠

 

この映画を作った監督の意図はどうなのでしょうか。

監督はインタビューにこう答えています。

――現代の桜田門の姿と国会議事堂が、唐突に映し出されるのも、印象的でした。

佐藤「かつてこの場所で起こった暗殺、テロリズムによって、確実に現代の日本への流れが出来たという認識を示したかったんです。ただ、現代において暴力によって国家や社会を変革するという方法論について、あくまでも僕は否定的です。やはり体制を変えるのは、国会で成されるべきだと思います。それにしては今の国会は頼りない。国会議事堂を映したのは、それだけのものをしっかりと背負うべきだというメッセージもあります」

http://news.mynavi.jp/articles/2011/04/18/satosaku/001.html

今の頼りない国会というのは、民主党政権のことを言っています。

安倍政権の話ではありません、逆手にとられていますが。

たった18人の暗殺者により、国が変わったのです。

関鉄之介らは、安定した幸せな生活を捨て、脱藩した上で決起します。

そして、時の最高権力者である、井伊直弼の首をとるのです。

決起せよ、国を変えろ、安倍を暗殺せよという同胞へのメッセージにもなり得るわけです。

 

 

 


コメントを残す